ターゲットを絞ったほうがいいといわれたのに集客できていない時

こんにちは!
新潟の女性集客マーケティングプロモーター、
サマンサハート高橋です(o^∇^o)
はじめましての方は→こちらから「自己紹介」
サマンサハート“サロン”LINE公式アカウント、友だち登録してね!
メリットはこちらから

サロンさんの中には創業講座やビジネスセミナーに参加したことのあるサロンさんも多くいらっしゃいます。
実は、創業講座に参加してサロンをオープンする方って少ないってご存じでした?

創業に関する情報がたくさん出ているからです。
ネットで調べたら「創業するならこれだけやればいい」「創業はカンタン」など自分でやっていけそうだと思える情報がたくさん出てきます。

その中でも、創業する方の多くが知りたいコトのひとつに「集客」があります。

集客についてもたくさん情報は出てきますが、「ターゲットを絞ったほうがいい」とのワードを見かけることはありませんか?

ターゲットを絞るというと
・30代、40代の働くママ
・40代の地域の女性
などイメージするところです。
年代や性別、職業などでのターゲットの絞り込みはサロン活動では重要ですが、サロンのブランドとしての顧客の設定ではありません。
もしかしたら、そういった設定にすることで、来店が減少することもあるのです。

絞り込みは、いくつか視点があり年齢や職業、地域で分けることを「属性」と言います。
他の分け方では、来店してほしい顧客を設定するペルソナがあります。
ペルソナはお客様の悩みを知ることができるため、「悩みを解決できる」という絞り込みができるようになります。

属性で「30代、40代の働くママ」と絞り込んで反応がないなら、「○○な悩みを解決するサロンです」と伝えることができるため広く集客しやすくなります。

地域の40代女性の人数が少なくて集客がやりずらくても、「○○な悩みを解決したい女性」は地域にいます。
本来、サロンに来るお客様は何かしらの悩みを解決したい人。
解決できることを伝え続けることのほうがサロンは集客できるのです。

じゃ、またねーーー(#^.^#)
では、今日も素敵なサロン運営を(・ω・o)


ブログが書けるようになる診断とアドバイスを行っています!
無料ですよ(#^.^#)

LINEからご連絡くださいね。
メッセージで「ブログ診断」とだけ入れていただければOK。
確認次第すぐにご返信いたしますネ!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP