クチコミは『いいクチコミ』だけ欲しい場合

こんにちは!
新潟の女性集客マーケティングプロモーター、
サマンサハート高橋です(o^∇^o)
はじめましての方は→こちらから「自己紹介」
サマンサハート“サロン”LINE公式アカウント、友だち登録してね!→メリットはこちらから

サロンを運営していたら&商品やメニューを販売していたら、お客様に喜んでいただくことって大事!

そこを大事にしていくことは集客に繋がります。

いつものお客様に「また来てほしい」と思っていないと、お客様は離れていくからです。
これが自然減少です。

どうやってお客様にまた来てもらうのか、そのポイントは、
「商品やメニューを昨日よりももっと良くしていくこと」
です。
お客様は商品やメニューを買いに来ているからですもんね。

そしてもう一つ、来店時の接客です。
接客は黙っていても「また来てね」が伝えられます。
そーです、「またきてくださいよーーー」と売り込まなくてもよくなります。
接客で「次回もまたご来店ください」と伝えることとは別で、来店してほしい時に「また来たくなるように接客する」ってことです。

みなさん、黙っていても「また来てね」をやっていますか?

やっているかどうかで、来店を判定するのは、クチコミです。
紹介されたなら毎回の販売や技術提供の業務で、「また来てね」をやっています。

でも、「よし、お客様のこの商品(メニュー)を理解してもらおう」とココロに決めてから3ヶ月経っても、クチコミがなかったら「また来てね」をやっていないとわかります。

「また来てね」とはサロン内で行う活動だからです。
でも、しつこく「また来てね」と言わない。

ではどう活動するのか。
・お客様の話を聞く、とにかく聞く
・必要なら随時カルテにメモる
・商品やメニューについていつも新しい案内を手作り
・手作りでOKなので事前に準備して作っておく
・勉強したことを同じ学びをしている仲間(同業者とは限らない)に伝える
・同じくお客様にも伝える、この時はお客様に解りやすく
・帰るまでの間にお客様が話したことをまとめ、自分なりに伝える

上記を行っていくことでお客様の方から、「また来店したい」とおもってもらえるんです。
接客はそういった思いをあなたが受け取ることができるから、再来店に繋がっていきます。

さらに接客を大事にしていくと来店したい気持ちを受け止めることができる上に、もっと良くなることが分かる。
そして、毎日の営業でお客様の「また来店してね」の意味を込めて、丁寧な接客を繰り返していきます。

じゃ、またねーーー(#^.^#)
では、今日も素敵なサロン運営を(・ω・o)


ブログが書けるようになる診断とアドバイスを行っています!
無料ですよ(#^.^#)

LINEからご連絡くださいね。
メッセージで「ブログ診断」とだけ入れていただければOK。
確認次第すぐにご返信いたしますネ!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP